茅ヶ崎市 債務整理 弁護士 司法書士

茅ヶ崎市に住んでいる方がお金や借金の相談するならどこがいい?

借金の利子が高い

借金が多すぎて返済がつらい…。
借金を複数抱えているから、債務整理したい…。
もしもそう思っているなら、一刻も早く司法書士・弁護士に相談しましょう。
司法書士・弁護士が探してくれる解決策で、毎月の返済金額が減ったり、督促が止まったり、などさまざまな恩恵を受けられる可能性があります。
今ではインターネットで無料相談ができる法務事務所や法律事務所も数多くあります。
ここではその中で、茅ヶ崎市にも対応している、オススメの法律事務所や法務事務所を厳選して紹介しています。
また、茅ヶ崎市の地元の法務事務所・法律事務所もピックアップしているので、そちらも参考にしてみてください。
借金の問題は、1人だけではなかなか解決できません。
弁護士・司法書士の知恵・知識を借りて、解決策を見つけましょう!

債務整理・借金の相談を茅ヶ崎市に住んでいる方がするならここ!

弁護士法人サンク総合法律事務所

サンク法律事務所

茅ヶ崎市の借金返済・多重債務解決の相談なら、こちらの事務所がおすすめです。
弁護士対応で、全国対応の弁護士事務所。
初期費用が無料だから、今の手持ちがなくても安心して相談できます。
弁護士料金の支払いは、分割払いも可能。
弁護士への相談料金はもちろん0円!
借金の督促をストップするのも可能です。
過払い金、個人再生、任意整理、自己破産、など、借金のことを相談することができます。
しかも、相談窓口では365日24時間、いつでも受け付け可能です。
フリーダイヤル(通話料無料)で相談受付することができるので、お金に悩んでいる人も今すぐ電話受付ができます。

弁護士法人サンク総合法律事務所
サンク総合法律事務所、電話
弁護士法人サンク総合法律事務所

↑↑↑↑↑
借金の悩み、今すぐ!24H電話受付!



アヴァンス法務事務所

アヴァンス法務事務所

(とくに女性におすすめ)
全国に対応している、債務や過払いの問題が相談できる司法書士事務所。
任意整理、個人再生、自己破産、などなど、あなたに適したやり方で借金や多重債務の問題を解決していきます。
それと、過払い請求は初期費用0円、戻ってきた過払い金から費用を精算できます。
任意整理についても、減額報酬や和解成功報酬などを一切取らないので、安く解決することができます。
債権者の数が1〜2件でも対応してくれるのも助かります。
女性専用の相談窓口(借金返済相談)も用意されているので、女性の方でも安心して相談できることでしょう。
まずはお気軽に無料相談から。

アヴァンス・レディース
アヴァンスレディース

↑↑女性はコチラ↑↑
女性スタッフが丁寧に対応してくれる、女性専用の相談窓口です。

アヴァンス法務事務所
アヴァンス法務

↑↑男性はコチラ↑↑



司法書士法人みつ葉グループ

司法書士法人みつ葉グループ

コチラも全国対応の司法書士事務所なので茅ヶ崎市の人も大丈夫です。
こちらの司法書士事務所は、ラジオやテレビへの出演、雑誌などでの執筆など、メディアにも多数取り上げられています。
人情派の司法書士と呼ばれることもある代表の島田雄左司法書士は、大好きな映画「君の名は。」を6回も映画館に観に行き、毎回号泣してしまうほど涙もろい人柄。
債務整理の費用は分割払いも可能なので安心です。
家族や職場にバレないよう徹底配慮をしてもらえます。
借金返済の問題は、ひとりで悩まず、まずは気軽に無料相談してみませんか?

司法書士法人みつ葉グループ
司法書士法人みつ葉、電話
司法書士法人みつ葉

↑↑↑↑↑
人情派の司法書士へ無料相談



弁護士へ相談前の注意



茅ヶ崎市周辺にある他の司法書士や弁護士の事務所の紹介

他にも茅ヶ崎市には司法書士や弁護士の事務所があります。これらも参考にしてみてください。


●マイタウン法律事務所 茅ヶ崎事務所
神奈川県茅ヶ崎市元町4-1 山口ビル2F
0120-908-862
http://e-bengo.jp

●クローバー司法書士事務所
神奈川県茅ヶ崎市矢畑1290-3
0467-88-6661
http://clover-legaloffice.com

●村田重之司法書士事務所
神奈川県茅ヶ崎市共恵1丁目8-15
0467-82-8542

●司法書士・土地家屋調査士石川事務所
茅ヶ崎市堤9番地4 B-303
0467-50-3515
http://k5.dion.ne.jp

●砂川司法書士事務所
神奈川県茅ケ崎市 浜竹3-2-36 長田ビル1F
0467-53-7545
http://sunagawa-shihou.jp

●司法書士 湘南法務事務所
神奈川県茅ヶ崎市美住町10-21
0467-38-7117
http://shonan-homu.com

●上條洋平司法書士事務所
神奈川県茅ヶ崎市矢畑1300
0467-82-3304

●菊地弘雄司法書士事務所
神奈川県茅ヶ崎市小和田2丁目6-8
0467-55-2477

●三觜正司法書士事務所
神奈川県茅ヶ崎市西久保1276-3
0467-53-1101

●前川・豊岡事務所(司法書士法人)
神奈川県茅ヶ崎市新栄町13-1
0467-86-3353

茅ヶ崎市にある地元の司法書士や弁護士の事務所に行き、直接相談するのもアリだと思います。
ですが、「診断シミュレーター」やネットでの無料相談などの方が、気軽に相談できる方も多いのではないでしょうか。

多重債務や借金の返済、茅ヶ崎市でどうしてこんなことに

さまざまな人や金融業者から借金した状態を、多重債務と呼びます。
こっちからもあっちからも借金して、返済先も借り入れ金額も増えた状態です。
消費者金融で限度額まで借りてしまったから、別の消費者金融でお金を借りる。
クレジットカードのリボ払いやキャッシングをして、クレジットカードを複数持ったり。
多重債務の状況にまでなった方は、大概はもはや借金の返済が難しい状態になってしまっています。
もはや、どうやってもお金が返せない、という状態です。
しかも高い利子。
もうダメだ、どうしようもない、と思ったら、法務事務所や法律事務所に相談してみませんか。
弁護士・司法書士に相談し、自分の状況を説明し、解決する方法を示してもらうのです。
お金・借金の問題は、司法書士・弁護士知識を頼るのが最良でしょう。

茅ヶ崎市/債務整理のデメリットとは|債務整理

債務整理にも多くの方法があって、任意で信販会社と協議する任意整理と、裁判所を通じた法的整理である個人再生又は自己破産等の類が在ります。
それでは、これらの手続についてどういった債務整理のデメリットがあるのでしょうか。
これらの3つの方法に共通していえる債務整理のデメリットと言うのは、信用情報にそれら手続きを行ったことが載ってしまうということです。いうなればブラックリストと呼ばれる状態に陥るのです。
そうすると、おおよそ五年〜七年の間は、カードが作れなかったり借り入れができない状態になるでしょう。けれども、貴方は返済に悩み続けこれ等の手続きをするわけですので、もう少しは借金しない方が良いのじゃないでしょうか。
クレジットカード依存にはまっている人は、逆に言えば借入れが出来なくなる事によって出来ない状態になる事で救済されると思います。
次に個人再生・自己破産の債務整理のデメリットですが、官報にこれらの手続きをした事が掲載されるという事が挙げられます。けれども、あなたは官報などご覧になったことがありますか。むしろ、「官報とはなに?」という人のほうが多数じゃないでしょうか。
現に、官報は国がつくるする新聞みたいな物ですけれど、クレジット会社等のわずかな人しか見ないのです。ですので、「破産の実情がご近所の方に広まった」等という事はまずもってありません。
最後に、破産特有の債務整理の不利な点ですが、1辺自己破産すると7年の間は2度と破産出来ません。これは十二分に用心して、二度と破産しなくても大丈夫なように心がけましょう。

茅ヶ崎市|借金の督促って、無視したらマズイの?/債務整理

貴方が仮に貸金業者から借入れして、支払日に遅れてしまったとします。そのとき、まず必ず近いうちに金融業者から返済の要求電話が掛かるでしょう。
要求のコールをスルーすることは今では楽勝にできます。クレジット会社などの金融業者のナンバーだと事前にキャッチできれば出なければよいのです。そして、その催促のメールや電話をリストに入れて着信拒否することも出来ますね。
だけど、其のような手法で少しの間ホッとしても、そのうちに「返さなければ裁判をします」等というように催促状が届いたり、又は裁判所から訴状もしくは支払督促が届いたりするでしょう。其の様なことになっては大変なことです。
だから、借金の支払期限にどうしても間に合わないら無視をせず、真面目に対応しないといけません。クレジット会社などの金融業者も人の子です。ですから、少しだけ遅くなっても借入を支払ってくれる客には強硬な方法に出ることはほぼないでしょう。
それじゃ、返したくても返せない時にはどうしたらいいのでしょうか。思ったとおり数度にわたりかかる督促のメールや電話をシカトする外何にも無いのでしょうか。そんな事はないのです。
先ず、借り入れが返金出来なくなったならば即座に弁護士に相談もしくは依頼しないといけないでしょう。弁護士が仲介した時点で、信販会社などの金融業者は法律上弁護士の方を通さないで直に貴方に連絡を取ることができなくなってしまうのです。金融業者からの支払の催促の連絡が止まる、それだけで精神的に余裕が出来ると思います。また、詳細な債務整理の方法について、その弁護士の方と話し合って決めましょう。